ネッテラー口座開設を日本語でわかりやすくガイドします

Pocket

2016年8月、ネッテラーより重要なお知らせが入りました。

日本ではギャンブルを目的とする決済処理サービスが利用できなくなります。

FXはギャンブルではないので問題はないと思いますが、今後利用できなくなる可能性は0ではありません。

ネッテラーのNet+カードが利用できなくなり、再開の目処も立っていない現状。

密かにネッテラーのNet+カードの利用が再開されている模様。

利用するにはマイナンバーの提出が必要とのこと。

「セブンイレブン」か「ゆうちょ」のATMで現金が引き出せる理由からネッテラーを利用していたのですが、手数料が高くなったため利用価値が下がりました。

ネッテラーの日本撤退も考えられるためネッテラー口座にあるお金は早いうちに出金したほうがいいと思います。

Net+カードで引き出せるうちに全額引き出しておきましょう。

現在、日本人のネッテラー口座の新規開設を規制しているとの噂があります。

もしも口座開設が再開された場合には下記の方法で口座開設できます。

ネッテラー口座の開設方法

海外FX業者を利用する場合に便利な「ネッテラー

口座開設までをわかりやすくガイドしていきます。

ネッテラーは日本語に対応しているので登録は行いやすいです。

ネッテラー1

まず最初に「無料口座開設」をクリックします。

ネッテラー2

ネッテラーのサインインに使用するEメールアドレスを入力します。

パスワードを入力します。

「パスワードの作成」と「パスワードの確認」の2箇所に入力します。

大文字と数字を1つ以上入れ、8文字以上にします。

ネッテラー3

口座の通貨を選択します。

口座の通貨は「JPY – 日本円」を選択するのがいいでしょう。

日本でお金を引き出しする場合、ATM手数料(6ドル)+外貨為替手数料(利用額の2.95%)がかかります。

ネッテラー口座が日本円ならば外貨為替手数料がかかりません。

口座の通貨は「JPY – 日本円」を選択。

個人情報を入力します。

「名前」が先で「苗字」が後になります。

氏名、番地住所、市区町村は英語で記入します。

見た目では日本語で入力できそうなのですが、実際には日本語で入力するとエラーになり登録できません。

ネッテラー4

電話番号は「0」から入力しても登録できます。

例えば、03-1234-5678。携帯電話の場合は090-1234-5678という具合に。

(海外の場合、頭の0を抜いた番号を入力する場合が多い)

すべての入力が終わったら「今すぐ加入する」をクリックします。

ネッテラー5

すぐに上記のような登録完了画面が表示されます。

確認メールが登録したEメールアドレスに送られますので確認しておきましょう。

(確認しなくてもサインインできます。)

お客様のNETELLERセキュアID」が表示されますので忘れずに記録し保管しておきましょう。

ネッテラー6

ネッテラーのトップページからでも、送られてきたメールの文中の「サインイン」をクリックからでもサインインできます。

上記のページより「Eメールアドレスまたは口座ID」と「パスワード」を入力し「サインイン」をクリックします。

これでサインインできます。

口座ID」はサインインすると画面最上部の左側「口座:」の後に続く12桁の数字のことです。

Eメールアドレス、口座IDのどちらからでもサインインできます。

これでネッテラーの口座開設は完了です。

ATMで現金を引き出すためのカードを作る

日本でネッテラーの口座からお金を引き出すためにはカードが必要です。

銀行ATMから現金を引き出すことができます。

利用できる銀行ATMは、ゆうちょ銀行ATMとセブン銀行ATMです。

1日の引き出し限度額は10万円までです。

ATMの引き出し手数料は1回毎に650円かかります。

ATMの引き出し手数料が変更になりました。

引き出し金額の1.75%が手数料になります。

10万円を引き出す場合の手数料は1,750円になります。

1回あたりの出金上限額が5万円に変更されました。

10万円を引き出すためにはATMを2回操作しなくてはなりません。

ネッテラーの口座のお金をネット上だけで利用するのであればカードを作る必要はありません。

では、カード発行の手続きの手順を追っていきましょう。

カードの発行には送料を合わせて1,300円かかります。

そのため、ネッテラーの口座に最低1,300円入金する必要があります。

今回、私は少し多めの2,000円入金することとしました。

ネッテラーにサインインし、「入金」をクリックします。

ネッテラー7

入金方法は上記の通りです。

今回、私はVISAで入金しました。

ネッテラー8

情報を入力します。

入金する金額はネッテラー口座を日本円にしましたので「円」になります。

カード番号、カードの通貨(JPY)、有効期限(月、年)、セキュリティ番号を入力します。

手数料として入金額の1.9%かかります。

入力が終わったら「続行」クリックします。

ネッテラー9

画面上の利用可能残高が2,000JPYとなりました。

入金手続きをした金額は反映されたことを確認してください。

次にセキュリティの質問の回答を入力します。

複数の候補より3つ選んでそれぞれの回答を入力します。

質問は日本語ですが、回答は英語(英数字)で入力します。

(日本語で入力するとエラーになる)

入力が終わったら「質問を保存する」をクリックします。

ネッテラー10

入力した質問の答えは忘れないように保管しておきましょう。

2段階認証を勧めてきます。

選択はどちらでも構いません。

2段階認証をすると毎回、スマホから認証コードを取得して入力しなければなりませんがセキュリティが強化されます。

ネッテラー11

「口座」のページに戻ります。

Net+カードより「プリペイドカードの追加」をクリックします。

ネッテラー12

実際のカードのことを「プラスチックカード」と呼んでいます。

「プラスチックカードを申し込む」をクリックします。

ネッテラー13

カードの通貨は「JPY」を選びます。

なぜ日本円(JPY)を選ぶのかといいますと、ATMで出金する際ほかの通貨の場合だと外貨為替手数料が発生してしまうからです。

外貨為替手数料は出金額の2.95%です。

10,000円下ろすのに295円かかってしまいます。

これにATM手数料650円がプラスされます。

(変更によりATM手数料は1.75%になりました)

英語で書かれている住所を確認し、間違いがなければ「送信」をクリックします。

ネッテラー14

これでカード発行の手続きは完了しました。

画面上部の「利用可能残高」の金額が1,300円減っている筈です。

カードが手元に届くまで2~21営業日かかると書いてあります。

私の場合、10日後に届きました。

カードが手元に届いたら「カードの利用開始手続き」を行います。

ネッテラー15

「カードの利用開始手続き」をクリックします。

ネッテラー16

次にNet+カード「プリペイドカードの利用開始手続きを行います」をクリックします。

ネッテラー17

送られてきたカードを確認し、カード番号を入力します。

CVCとはカードの裏面に記載されている3桁の数字のことです。

入力が終わったら「カード利用開始手続き」をクリックします。

ネッテラー18

これで利用手続きが完了しました。

「お客様のNet+PIN番号」とはATMで引き出す際に必要な暗証番号です。

忘れずにメモしておきましょう。

ATMでの現金の引き出し方法

ATMで引き出しができるのは「ゆうちょ銀行ATM」と「セブン銀行ATM」です。

ゆうちょ銀行ATMの場合

カードを入れ、「お引出し」を押します。

「海外発行カード」を押します。(表示が出た場合)

手数料がかかる表示が出るので「確認」を押します。

暗証番号を入力します。

引き出し金額を入力します。(日本円)

セブン銀行ATMの場合

カードを入れ、言語選択画面で「English 日本語」を選択します。

「Withdrawal(お引出し)」を選択します。

手数料がかかる表示が出るので「Confirm(確認)」を押します。

次に「Credit」を選択します。

次に「Pin(暗証番号)」を入力します。

「1万円」や「5万円」などの引き出し金額の候補が出ます。

候補から選択するか、「Other Amount」を押して希望の金額を入力します。(日本円で1万年単位)

確認画面で「Confirm(確認)」を押します。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!