損するな!マイカーローンは金利比較をして自分で決めよう

Pocket

マイカーローンと言っても実は2種類あります。
銀行系マイカーローンとディーラー系マイカーローンです。

マイカーの購入では販売店がディーラー系マイカーローンを薦めてくるため、言われるがままにディーラー系マイカーローンを組んでしまう人が多いです。

少しでも総支払額を抑えたいと考えているのならば少し勉強してからマイカーローンを選びましょう。

銀行系マイカーローン

銀行系マイカーローンの特徴はローンの審査が厳しいというところです。
基本的な融資条件は正社員として最低5年以上勤務していること。
つまり、新入社員の場合は審査が通らないということです。
派遣社員、契約社員、フリーターの方の場合でも審査に通るのは難しいでしょう。
審査に時間がかかります。
審査結果が届くまで1週間以上かかると言われています。

ディーラー系、信販系マイカーローン

ディーラー系、信販系マイカーローンの特徴は金利が少し高めであることです。
金利が安く書かれているからといって安易に契約してはいけません。
車体価格に上乗せしている場合や別途保証料が必要になる場合があります。
しっかりと確認しましょう。
審査は通りやすいです。
信販系の欠点は車検証などの所有権が販売店の名義になってしまうということです。
買い替えがしにくくなります。

チェックすべきポイント

固定金利か変動金利か
固定金利は完済まで利率が変わりません。
返済計画が立てやすいです。
変動金利は固定金利と比べ利率が低めに設定されています。
定期的に金利が見直され利率が上昇する可能性があります。
どちらがいいのか。
短気のローンならば変動金利、長期のローンならば固定金利を選ぶのが無難だと考えられています。

保証料は必要か
マイカーローンの種類によっては金利に加え「保証料」が必要です。
表示されている金利に保証料が含まれているか必ず確認しましょう。

ローンの利用条件を満たしているか
地方銀行や信用金庫などの地域密着型の金融機関の場合、住んでいる地域や勤務地などの条件を設けている場合があります。

ローンにはどこまでの費用が含まれるか
一般的には車体価格のみの場合が多いですが、マイカーローンによっては免許取得費用や車検費用、修理費用などにも利用できます。
マイカー購入以外でもマイカーローンを利用できるんです。

申し込みから融資までの期間は
マイカーローンによっては申し込みから融資まで時間がかかります。
銀行系マイカーローンは比較的時間がかかります。
新たに口座開設の必要があったりすると1ヶ月近くかかる場合もあるようです。
販売店への支払期日に間に合わないことになりかねません。

返済用の引き落とし口座は選べるか
銀行や信用金庫などのマイカーローンの場合、自行からの口座引落しか選択できない場合が多いです。
自分の給料の振込先が他の金融機関の場合、毎回口座感でお金を移す必要があります。
銀行振込の場合、手数料がかかる場合もあります。

毎月の返済日はいつなのか
多くの場合は自分で引き落とし日を選ぶことができません。
多くの会社は25日が給料日なので25日より遅い日になっていますが、自分の給料日が通常とは違うという人もいることでしょう。

繰り上げ返済は可能か
住宅ローンの場合、一括返済や一部繰り上げ返済に対応しているものが多いですが、マイカーローンの場合は一部繰り上げ返済に対応していないところも多いです。
繰り上げ返済をしたいのならば残高を一括で返済するしかありません。

付帯サービスはあるのか
ディーラーローンは金利が高めに設定させていますがメンテナンスや車検をサービスしてくれる場合があります。
条件によってはディーラーローンのほうがお得になる場合もあります。

来店する必要があるか
平日の昼間に銀行などの窓口に出向くのは難しいという人も多いでしょう。
最近は来店不要のマイカーローンを提供している金融機関もあります。

それでも金利比較でマイカーローンを選びたい

金利は1%の差でも利息は大きな差が出てきます。
マイカーローンの金利を比較できるところも多くあります。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!