日本のFX業者でMT4対応が少ない理由

Pocket

一時期、MT4を利用できる日本のFX業者が増えたのですが、気が付けばMT4を利用できる日本のFX業者は数えるほどしかありません。

海外のFX業者では「標準装備」といっていいほどMT4はどのFX業者でも利用できます。

日本人トレーダーでMT4を利用したい人は大勢います。

なぜ日本のFX業者でMT4に対応しているところが少ないのでしょうか?

「投資助言・代理業」の登録

日本では以前、「ミラートレーダー」というコピートレードが人気になり多くのトレーダーが利用していました。

この「ミラートレーダー」が利用できる日本のFX業者は今では数えるほどしか存在しません。

2013年、総務省からの通達があり、ミラートレーダーなどを販売するためには「投資助言・代理業」の登録が必要になりました。

この「投資助言・代理業」という資格は簡単に申請と登録ができるものでしたが、通達と時を同じくして「投資助言・代理業」の資格の取得の難易度が格段に引き上げられました。

多くの日本のFX業者は難易度の上がった「投資助言・代理業」の資格取得に難色を示しました。

多くのコスト、面倒な審査、膨大な数の提出書類が必要なことに加え、トレーダーが口座開設時に「投資顧問契約」を結ばなくてはならないのです。

自動売買プログラムである「EA」の販売、レンタル行為も「投資助言・代理業」に該当すると考えられます。

MT4でEAを利用するのでMT4自体の導入に消極的になってしまったのです。

日本のFX業者は上からの規制が厳しいのが現状です。

一番の「痛手」は「レバレッジ規制」でしょう。

海外のFX業者では500倍が当たり前なのに、日本のFX業者では25倍までしかレバレッジを効かせられません。

「ミラートレーダー」などの「コピートレード」の販売にも厳しい資格所得の義務付け。

日本のFX業者から新しいサービスが登場しにくい状況となっています。

そのため、「ガラパゴス化」した日本のFX業者に見切りをつけ海外のFX業者に乗り換える日本人トレーダーが増えています。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!