ハローワークの求人申込書の効果的な書き方

Pocket

景気が回復傾向にあることで求人が増えてきています。
多くの企業が求人を出すのであなたの会社の求人情報は埋もれてしまいます。

求職者に興味や感心を持ってもらえるよう「求人戦略」なるものが必要となります。

ハローワークでは求人申込書の効果的な書き方が重要となってきます。

求職者にどんな仕事をするのかわかりやすく説明することが大切です。
専門用語はなるべく避け、万人にわかりやすい内容にします。

仕事の内容
どんな仕事なのか。
どんなスキルがいるのか。
何故、求人募集しているのか。

特記事項
どんな労働条件なのか。
どんな職場なのか。
入社したらどうなるのか。

備考
何をしている会社なのか。
どんな思想の会社なのか。
この会社の将来はどうなるのか。

「仕事の内容」、「特記事項」、「備考」の各欄はフリーエリアですので各欄には200字程度の情報を書くことができます。

このフリーエリアを有効に活用し、求職者が興味を持ち、自分がこの会社で働いているイメージが持てるようにアピールしてください。

求職者にわかりやすければわかりやすいほど「応募」という行動につながります。

フリーエリアはこのほかにも「事業内容」と「会社の特長」があります。
それぞれ90文字程度まで書くことができます。

ハローワーク経由での転職割合

ハローワーク経由での求人は多くの企業で
行われています。
転職する人がどのような経路で職を見つけるかというデータがあります。
2014年では26.7%の人がハローワーク経由で就職しています。

ハローワーク経由の転職の割合は会社の規模が小さくなるほど増える傾向にあります。
100人未満の中小企業の場合、34.6%の人がハローワーク経由で就職しています。

多くの求職者が目にするハローワークの求人申込書ですから上手に使えばとても有効な手段であるということです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!