スリッページやレートずらしで損をしないためのFX選び

Pocket

スリッページとは

スリッページを英語で表記すると「slippage」です。

スリッページとは「ずれ」という意味です。

FXの取引画面でレートを見ながら取り引きをしているとき、「ここで決済」とクリックしたのに決済したレートがクリックしたときのレートとずれていたという経験はありませんか?

これがスリッページです。

通常、「インターバンクのレート→FX業者のレート→ユーザーのレート」という流れでユーザーの取引画面に表示されます。

ここでタイムラグが発生しスリッページが発生します。

特に為替の変動が激しいときはスリッページが大きく出ます。

スリッページを全く発生させないのはシステム的には難しいのです。

しかしスリッページがユーザーにとって不利な方向へ意図的に行われているとしたら許せますか?

なぜそんな噂があるのか。

それはスリッページさせた分、FX業者の利益になるからです。

スリッページが発生するとトレーダーは「損した」と思うことでしょう。

そして疑いの目はFX業者に向けられます。

実際に不正が行われているのか、真相は闇の中です。

スリッページが大きいかどうかは実際に取り引きを行っているトレーダーの口コミなどから判断するしかありません。

そんなFX業者の中でオススメなのがXMという海外のFX業者です。

XMの注文の執行方式はSTP方式を採用しています。

STP方式はスリッページが起こりにくいのが特徴です。

最近は多くのトレーダーが日本のFX業者から海外のFX業者に乗り換えています。

そんな海外のFX業者の中で人気No.1なのがXMです。

  • 最大レバレッジ888倍
  • ゼロカットシステムにより追証なし
  • 口座開設時にボーナス3,000円
  • 本人確認書類なしでも口座開設が可能

レートずらしとは

レートずらしとはFX業者がトレーダーに提示するレートをインターバンク市場のレートより高い方、もしくは低い方へずらして提示することを言います。

この場合、スプレッドは広がりません。

スプレッドが狭いままレートが平行移動するようにずれます。

トレーダーにとって不利な方向へレートがずれるのです。

このような行為を行ってるFX業者があるとネットでは噂されています。

意図的なスリッページやレートずらしのないFX業者を選ぶのならば、海外のFX業者のXMがオススメです。

何と言っても最大レバレッジ888倍が魅力です。

併せてゼロカットシステム採用により「追証」が発生しないため安心です。

海外のFX業者でのトレードはちょっと抵抗がありますか?

抵抗があるのは「英語」だからでしょうか?

XMならば完全日本語対応なので問題なく取り引きできます。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!