9月、大相場が始まる。トレンドが発生しやすい月

Pocket

8月の「夏枯れ相場」から一転、9月の相場は激しく動きやすいと言われています。

強いトレンドになる傾向があるのでトレンドに乗っかった「順張り」でトレードしていきましょう。

「順張り」できてますか?

どうしても「逆張り」でトレードしてしまう人って結構多いです。

ネットや書籍では「順張りでトレードしましょう」って書いてあるのに、実際にトレードすると「逆張り」になってしまう。

「ここまで下がったのだからこれ以上は下がらないだろう」

根拠のない憶測で「ここが底値」と判断し「買い」で注文を入れてしまう。

実際には底値ではなくさらに価格は下がり負けてしまう。

自分判断の「値ごろ感」でトレードすると負けます。

トレンドが判断できずにトレードしている可能性もあります。

上昇トレンドなのに下降トレンドだと思ってトレードしていたら勝てるはずがありません。

トレンドを判断できる「目」を養わなければなりません。

正しくトレンドの判断ができなければ勘でトレードしているのと同じです。

「順張り」でのトレードは利益が少なめになります。

それに比べ「逆張り」でのトレードは利益が多めになるので「逆張り」でトレードしたくなる気持ちはわかります。

利益が大きかったトレードは記憶に残りやすいので、同じトレードを再現したくなります。

逆張りがたまたま上手くハマったトレードに味を占めても、「たまたま上手く」は続きません。

為替は動かなければ利益は出ません。

動かない8月から動きのある9月になるのでトレードしやすくなると思います。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!