FXの自己分析のためトレード毎に記録を付ける

Pocket

FXで利益を上げるために重要なことは、資金管理メンタルコントロールトレード分析です。

 

資金管理で一番重要なことは、この取り引きは何円(何pips)までの逆行に耐えられるかを常に把握していることです。

多くのトレーダーはこのトレードで「いくら儲けることができるか」の計算ばかりで逆行したときのことを考えません。

確実に損切りを行う」ことが重要で「明確な損切りライン」を決め実行しなければなりません。

もしかしたら値が戻るかも」などと考え損切りを先延ばしにする行為は「資金管理ができていない」です。

 

これはメンタルコントロールでもあります。

メンタルが弱いと損切りができません。

自分で取り引きのルールを決め、自分で決めたルールを破らないこと。

取り引きのルールを作らないのは問題外、ルールは必ず作り、自分で決めたルールに従ってトレードを行うこと。

為替相場の急激な変動が起こったときチャンスと思い飛び乗って注文を入れてしまう。

自分の取り引きルールから外れたトレードを行ってしまうのはメンタルが弱いからです。

決めたルールを守ることができない人はFXで生き残れません。

 

トレード分析をしよう

あなたはFXのトレード毎に記録を付けていますか?

トレード記録を付けていなければ自分のトレード分析が行えません。

具体的にどのような状況のときに勝てたのか、または負けたのかを客観的に把握する必要があります。

 

常に把握しておくべき取り引きデータは下記のようなデータです。

合計トレード数勝率累積獲得pips平均勝ちpips平均負けpips

これまで何回トレードを行い、トータルでどのくらい勝ったか(負けたか)を漠然とではなくデータとして記録します。

勝率は高いのにトータルでは負け越しているなんてことはよくあることです。

取り引きペアによっても勝ちやすい、負けやすいに偏りがあることでしょう。

取り引きを行った時間帯によっても勝ち負けに偏りがあると思います。

なるべく多くのデータを取り自己分析を行う必要があります。

トレードは最低でも100回以上行いデータを分析します。

トレードの手法はなるべく変えずにデータを蓄積してください。

同じ手法でも相場の状況によって成績が良かったり悪かったりします。

為替の状況別に有効な手法がわかれば、そのときの状況に合わせて手法を切り替えてトレードすることができるようになるからです。

 

人によって同じ手法でも結果は違ってきます。

ほかの人が上手くいった手法だからと言って、あなたも同じように上手くとは限りません。

実際に自分で試して得た結果でなければ意味のないデータになってしまうのです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!