重要経済指標発表を利用したトレードは短期決戦型

Pocket

重要経済指標発表直後に大きな為替変動が起こる可能性が高いことをFXトレーダーならば誰もが知っています。

予想が困難な上に急激な値動きによる強制ロスカットの可能性など、トレードを行うにはリスクが高いと言えます。

重要経済指標発表前までにはポジションを閉じておくこと。

多くの人が重要経済指標発表時はエントリーを避けるようアドバイスしています。

そのアドバイスは全くもって正しいです。

トレードが難しいからです。

あえて重要経済指標発表時にトレードする人がいます。

なぜ重要経済指標発表時を狙うのか。

予想が当たった場合、一瞬で利食いができます。

予想が外れた場合、一瞬で損切りになります。

結果が出るのが早いのでポジションを持ち続けるストレスから開放されます。

重要経済指標発表を利用したトレードは2種類あります。

重要経済指標発表前にエントリーする方法と、重要経済指標発表後にエントリーする方法です。

重要経済指標発表前エントリー

重要経済指標発表前までに予測値が発表されます。

確認するのは予測と結果がどのくらい違うかです。

予測と結果の差が大きければ大きいほど為替レートに大きな変動が起こります。

重要経済指標の結果よりも予測が当たるか外れるかを予想するのです。

その予測が「良い方」に外れるのか「悪い方」に外れるのか。

重要経済指標発表前の数分前までにエントリーをします。

エントリーするには危険な重要経済指標があります。

米国の雇用統計」と「中央銀行の金利施策会合」です。

変動が激しすぎて予定していた価格でロスカットできず大きな損失となる可能性があるからです。

重要経済指標発表前エントリーの場合は重要経済指標を選んでトレードする必要があるということです。

重要経済指標発表後エントリー

重要経済指標発表前にエントリーする方法は「ギャンブル」的要素が強いです。

重要経済指標発表後にエントリーする方法は動き出した為替レートでトレードするためギャンブル性は低いです。

重要経済指標発表後から5分間待ちます。

重要経済指標の結果が良ければ「買い」、悪ければ「売り」を狙います。

どちらかにトレンドが発生してからエントリーするため重要経済指標発表前エントリーと比べ勝率は高くなります。

重要経済指標の結果を予想する必要はありません。

現在の状況をから今後のレートを予測します。

ブレイクアウトが起きてからのエントリーなので利食いは少なめになります。

スリッページが起こる可能性も低いので安全なトレードが行えます。

重要経済指標発表のみを利用してトレードするトレーダーも数多くいますので有効なトレード方法と言えるでしょう。

ただし難しいトレード方法だということを忘れてはいけません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!