FXで何故デイトレーダーに成功者が多いのか?

Pocket

デイトレードは、FXのトレードに時間を費やせる人向けのトレードです。

これまでは専業トレーダーがデイトレードで成功していましたが、最近では兼業トレーダーも休日を利用してデイトレードを行い、成功をしています。

日本の祭日は日本だけがお休みなので、日本以外は平日です。

為替は平常通りに取り引きが行われています。

祭日を利用してデイトレードを行っている兼業トレーダーが増えています。

平日でも、仕事が終われば就寝時間までトレードする時間があるのでデイトレードしている人も多いです。

スマホでいつでもどこでもトレードができるので仕事の休憩中などを利用してトレードする人も多くなりました。

しかしなぜ、デイトレードは利益が出やすいのでしょうか?

デイトレードの場合、ポジションを翌日に持ち越さないため「リスク軽減」につながります。

リスクが軽減されればその分、利益につながりやすくなります。

近年は世界情勢が不安定のため、突然の為替大変動が起こりやすい状況です。

ポジションを長期保有しているということはそれだけでリスクを抱えていることになります。

トレーダーが最も長い時間トレードから離れてしまうのが睡眠時間です。

ポジションを保有したまま寝てしまい朝起きたら「ロスカットされていた」なんてことも起こります。

デイトレードでも損切りは必ず行う

デイトレードは取引回数が多くなります。

利益確定のタイミングを「10pipsまで上がったら」など、あらかじめルールを決めておきましょう。

そして重要なのが「損切りのタイミング」です。

損切りをしっかりと設定してください。

「もしかしたらすぐ戻るかも」

誰もがそう思い、願います。

しかし戻らなければ「含み損」はドンドン膨らんでしまいます。

大きくなってしまった「含み損」は切るに切れなくなります。

そして「ロスカット」執行。

少ない利益をコツコツ積み重ねたのに、一回の損失ですべてを失う。

多くのトレーダーが陥る「コツコツドカン」にハマってしまうのです。

損切りのラインを必ず設定し厳守することが必須です。

デイトレードで短期間に経験を積む

1日に何回もトレードを行うためトレードの実践の経験を短期間で多く積むことができます。

何回もトレードを行うので何回も負けることでしょう。

勝ちと負けを繰り返し経験することで、自分の「勝ちパターン」が見つかると思います。

勝ちパターンが見つかればその勝ちパターンが来るまで待ちます。

負ける回数が減り利益率が上がります。

FXも勉強が大事です。

実践も大事です。

まずは少ないロットでトレードを繰り返しましょう。

少ないロットで勝てるようになってきたら少しずつロットを増やしましょう。

成功しているトレーダーたちも多くの負けを経験しています。

一度や二度の負けでFXを諦めるのは早いですし、せっかくFXに興味を持ったのにもったいないです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!