大変動が頻繁に起こるFXで生き残れるか?

Pocket

最近のFXは昔と比べ取り引きが難しくなってしまったと感じています。

為替の「大変動」が度々起こるようになってしまったからです。

少し前までは為替の大変動は2年に一度くらいの間隔で起こっていました。

天災は忘れた頃にやって来る

FXでも大変動は忘れた頃にやってきました。

しかし最近の為替は頻繁に大変動が起こります。

これまで比較的変動が少ないと言われてきたドル/円ですが、最近は変動が激しくなった印象が強いです。

2016年7月29日、また大変動が起こりました。

12時45分のたった1分間で上は105.5円まで上がり、下は102.7円まで下がりました。

pipsでいうと280pipsもの動きがあったということになります。

始値は104.6円、終値は103.3円でした。

この大変動時にポジションを持っていたトレーダーたちはどのような結果になったのでしょうか?

買い」でポジションを持っていた人は急激に90pipsもの含み益が発生しますがすぐに190pipsもの含み損に落ちました。

指値で決済を入れていたトレーダーは利益を得られたことでしょう。

成り行きで決済しているトレーダーはプラスで決済できたのでしょうか?

多くの成り行きトレーダーは急激な反転で利益を逃し、含み損を抱えてしまったかもしれません。

売り」でポジションを持っていた人は90pipsだとロスカットが執行されてしまったかもしれません。

その後すぐに反転したのに・・・・。

リスク管理ができている成り行き決済トレーダーは90pipsもの変動に耐え、急激な反転により利益を手にできたかもしれません。

ロスカットされていなければ。

たった1分間で3円もの変動に対応できるリスク管理ができているトレーダーがどれだけいるのでしょうか?

レバレッジを25倍とした場合、10万円の資金で持てるロット数は1ドル=100円時2.5ロット(25,000通貨)です。

しかしこれでは証拠金維持率が100%なので、ポジションを持った瞬間、スプレット差により証拠金維持率は100%を下回ります。

会社によっては証拠金維持率が100%を下回った時点でロスカットが執行されます。

この場合、注文を入れた瞬間にロスカットが執行されるということになります。

FX業者によってロスカットの基準はバラバラです。

100%~20%と大きな違いがあります。

自分が利用しているFX会社のロスカット基準により、ロスカットされるか、ロスカットされないかかが分かれます。

今回の為替の動きは「予想することが不可能」でした。

思惑」から「ランダム」な値動きを繰り返していました。

そして噂される「誤発注」。

申年は相場が荒れる」とはよく言ったものです。

荒れた相場で生き残ることができればこの先も生きていけるでしょう。

荒れた「申年」から2年が過ぎ、戌年となりました。

戌笑う」という格言があります。

日経平均については、戦後では一度しか年間で下落したことがないのだそうです。

戌年のラッキーカラーは「オレンジ」「ピンク」「黄色」「金色」なのだそうです。

金色=ゴールド

今年は金相場に期待が持てそう・・・・ですが、今のところ金の価格は下降気味です。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!