突然大変動が起こるFXで生き残れるか?

Pocket

ここ数年、為替は安定した動きとなっており、上下どちらに動くのか予想し辛い状況が続いています。

最近の動きは円高傾向にあるため、「売り」の注文を基本としてトレードしていれば大きな損失にはならないと思います。

しかし多くのトレーダーは「買い」で注文したがるため最近の円高傾向の相場で負け越しているトレーダーが多いようです。

為替の動きが鈍いため、注文を入れるタイミングが見つけにくくトレードを控えている人も多いです。

もう少し動きのある相場になってくれることを望みます。

 

天災は忘れた頃にやって来る

 

FXでも大変動は忘れた頃にやってきます。

最近の静かすぎる為替レートに油断していると突然大変動が起こるかもしれません。

 

2016年7月29日、に大変動が起こりました。

 

12時45分のたった1分間で上は105.5円まで上がり、下は102.7円まで下がりました。

pipsでいうと280pipsもの動きがあったということになります。

始値は104.6円、終値は103.3円でした。

 

この大変動時にポジションを持っていたトレーダーたちはどのような結果になったのでしょうか?

 

買い」でポジションを持っていた人は急激に90pipsもの含み益が発生しますがすぐに190pipsもの含み損に落ちました。

 

指値で決済を入れていたトレーダーは利益を得られたことでしょう。

 

成り行きで決済しているトレーダーはプラスで決済できたのでしょうか?

多くの成り行きトレーダーは急激な反転で利益を逃し、含み損を抱えてしまったかもしれません。

 

売り」でポジションを持っていた人は90pipsだとロスカットが執行されてしまったかもしれません。

その後すぐに反転したのに・・・・。

 

リスク管理ができている成り行き決済トレーダーは90pipsもの変動に耐え、急激な反転により利益を手にできたかもしれません。

ロスカットされていなければ。

 

たった1分間で約3円もの変動に対応できるリスク管理ができているトレーダーがどれだけいるのでしょうか?

 

あの大変動から2年以上経ちました。

そろそろ突然の大変動が起こるかもしれません。

 

ロスカットされなければ損しなかった

そう思ったことはありませんか?

レバレッジを25倍とした場合、10万円の資金で持てるロット数は1ドル=100円時2.5ロット(25,000通貨)です。

しかし2.5ロットの注文を入れると証拠金維持率は100%となり、ポジションを持った瞬間、スプレット差により証拠金維持率は100%を下回ります。

 

会社によっては証拠金維持率が100%を下回った時点でロスカットが執行されます。

 

FX業者によってロスカットの基準はバラバラです。

100%~20%と大きな違いがあります。

ロスカットレベルが低い(100%よりも20%)ほうがロスカットされにくいため、いつものロスカットレベル100%ではロスカットが執行され損失になってもロスカットレベルを20%にしたら耐えられることも多々あります。

 

日本のFX業者の多くがロスカットレベル100%です。

海外のFX業者で人気No.1のXMの場合、ロスカットレベルは20%です。

何といってもハイレバレッジの888倍でトレードできることが人気の理由です。

 

無料でFX口座を開設することで得られるボーナス「3,000円」でお金を使わずにリアルトレードが体験できます。

まずはXMでトレードっしてみてロスカットされにくいことを確認してみてください。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!