宝くじの「ビンゴ5」は当たりやすいのか?

Pocket

テレビの番組で紹介されて知った人も多いかもしれない宝くじの「ビンゴ5」。

テレビ番組を観ると「当たりやすいかも」と勘違いしてしまう人は多いと思います。

実際のところ「ビンゴ5」は当たりやすいのでしょうか?

 

記念すべき第100回の1等当選は1口でした。

販売実績は約2億4千万円だったので約120万口中の1口でした。

つまり約120万分の1の確率で当選金は約1,800万円でした。

 

第101回では1等当選が3口出ました。

販売実績は約3億2千万円だったので約160万口中の3口になり、約53万分の1の

確率で当選金は約865万円でした。

 

計算上ではビンゴ5の1等当選確率は約39万分の1なので実際のほうが当選確率が低いようです。

過去の当選結果を見ても比較的当選確率は低いです。

 

しかしビンゴ5は7等まで当選があります。

計算上では約7分の1の確率で当選します。

第100回では約7.2分の1、第101回では約7.7分の1なので若干低めです。

 

1等の当選金額が近い宝くじというとミニロトがあります。

計算上のミニロトの当選確率は約17万分の1で当選金額は約1,000万円です。

計算上のビンゴ5の当選確率は約39万分の1で当選金額は約555万円です。

ミニロトのほうがビンゴ5よりも当選金額が約2倍なのに、当選確率も約2倍ということになります。

 

「当たりやすい宝くじ」となると「ミニロト」と言わざるを得ません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!