お掃除機能付きエアコンを過信するな!定期的に掃除をすること。

Pocket

お掃除機能付きエアコンは掃除不要神話

最近のエアコンには「お掃除機能」が付いています。

すでに「標準装備」と言っていいくらい多くの機種にお掃除機能が付いています。

「お掃除機能があるのだからエアコンの掃除をしなくても大丈夫」

そう思っていました。

エアコンのお掃除機能があるからエアコンのお手入れを怠っていました。

フィルターの掃除は定期的に行っていましたが。

私が無知だったからなのでしょうか。

「お掃除機能付き」という言葉に踊らされてしまったのでしょうか。

エアコンの不調は思ったよりも早く訪れたのです。

エアコンの調子が悪いことに気が付くまで

エアコンを購入し数年が経った頃。

「そろそろ涼しくなってきたことだしエアコンの暖房を付けよう」と思い、リモコンの「暖房」ボタンを押しエアコンを起動しました。

ゴーーーーっと景気の良い音が聞こえエアコンが動き出しました。

しかし、なかなか暖かくなりません。

全く暖かくならないというわけではないのですが、いつまで経っても生温い風が出てくるだけで部屋を温められるほどではないのです。

それでも待ちました。

久しぶりにエアコンを動かしたから本運転までは時間がかかるのかもしれない。

そう考えたのです。

しかしその後も部屋はなかなか暖かくなりません。

エアコンの音だけはいつまで経っても景気のいい音だけが鳴り響き・・・・。

さすがにこれはおかしいのでは?

ようやくエアコンの調子が悪いのではないかという考えに至ったのです。

エアコンの手入れはフィルターの掃除のみと思い込み

まずはフィルターを確認してみました。

久しぶりにエアコンを付けたからか、フィルターはあまり汚れていません。

それでも一応、フィルターの掃除をしました。

フィルターを元に戻そうとエアコンの本体を見たら・・・・。

エアコン本体の「フィン」の部分に綿埃?が固まったようなもので塞がっているではありませんか。

通常、細かい隙間がたくさん並んでいるのですが、埃が詰まっていて隙間がありません。

これでは空気が通りません。

もしかして、これがエアコンの効きが悪い原因なのでは?

爪楊枝でフィンの部分をなぞってみると綿埃のようなものがボロボロと落ちるではありませんか。

フィンの隙間の手前側は爪楊枝で削れますが、奥のほうが取れない。

爪楊枝の細さでも奥の方は取れなのです。

出張でビジネスホテルに泊まるときに使用した「使い捨て歯ブラシ」は細かい所の掃除用に持ち帰っているので使えるのではと思い「使い捨て歯ブラシ」で掃除してみます。

するとたくさんの綿埃?が取れる取れる・・・・。

でも、歯ブラシでも届かないところが結構あるため掃除しきれません。

一番掃除できない場所が「お掃除機能ユニット」の裏側です。

真正面の真ん中あたりに取り付けられているためフィンの掃除にとても邪魔なのです。

四苦八苦の末、出来る限りの掃除は行ったのでした。

お掃除機能ユニット自体の掃除を思い付く

取扱説明書を読んでいたら、フィルター以外にも分解できる部品があることを知りました。

お掃除機能で回収した埃などをエアコンユニットの外に排出するパーツがありました。

外してみて構造を確認しようと思ったら、内部には埃が固まってびっしりと詰まっているじゃありませんか。

ブラシがスパイラル状に取り付けられていて埃を掻き出す構造のようですが、埃が固まって詰まっているために排出できずに機能していない状態でした。

掃除機で吸いながら埃を掻き出す作業を繰り返します。

スパイラル状のブラシを少しづつ回しながら。

お掃除機能は働いてもゴミが排出できなければ汚れは溜まる一方だったのです。

その後、ネットでエアコンのフィンの部分を掃除するエアークリーナーのようなものが存在することを知り、近くのホームセンターで購入しました。

説明書に従い、クリーナーを使用してみました。

すると。

驚くほどエアコンの効きが良くなったのです。

エアコンはフィルターの掃除のほかにフィン部分が目詰りしないように定期的に掃除をする必要があるということを学びました。

エアコンのフィンの部分の掃除は埃が溜まってしまってからだととても大変です。

定期的にエアコンクリーナーなどで掃除することが望ましいみたいです。

LDKに設置されたエアコンの宿命

LDKに取り付けられたエアコンは汚れが付きやすいのが「宿命」なのだそうです。

LDKの部屋の空気はキッチンで使用した油が空気中に舞うので、その空気中の油をエアコンが吸い込んでしまうというのです。

油はエアコンのフィルターを汚します。

汚すのはエアコンのフィルターだけではありません。

エアコンから風を送っている「ファン」の羽根にも油が付き、埃が羽根にも付いてしまうのです。

その埃はなかなか取れず、埃の上にまた油が付き、その油に埃が付き・・・・どんどん埃が積み重なり、羽根と羽根の隙間を埋めてしまうのです。

羽根と羽根の隙間が無くなると風が送られなくなります。

前と比べてエアコンからの風の出方が弱くなったと感じたら、エアコンのファンに埃がたくさん付いているからかもしれません。

エアコンの羽根が厄介なのが掃除ができないこと。

エアコンの羽根を取り外すことが出来れば掃除も可能ですが、素人では無理。

業者さんにお願いするしかありません。

エアコンからの風が生臭く感じることがありませんか?

それも多分、エアコンのファンの羽根に埃がたくさん付いているからです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!