2018年はレバレッジ10倍と仮想通貨に揺れる年

Pocket

2017年は「仮想通貨元年」と呼べる年でした。

2017年の年始めと比べ2017年末の時点で時価が数十倍に膨れ上がった通貨もありました。

仮想通貨バブル」と言われ、いつバブルが弾けるのか不安定な状況が続いています。

もともと実体のない通貨です。

金融関係者の思惑で価格が上下するため上昇や下降の理由が見つからない場合も多々あります。

2018年はどういう動きをするのか全く先が見えないのが仮想通貨です。

それでも仮想通貨は少しずつ実生活で利用できる環境が整ってきたため自分たちの生活に浸透してくるものと思われます。

バブルが弾け、価値が一気に下落するのか、存在価値が認められさらに価値が上昇するのか、今の状況では予想が付きません。

値動きの激しい仮想通貨はトレーダーの大きな関心を集めました。

多くの金融機関が仮想通貨の取り引きを開始しFXのようにトレードできるようになりました。

そんな折り、日本の金融庁がFXの最大レバレッジを現行の25倍から10倍に引き下げるという情報が入りました。

早ければ2018年から施行されるとのこと。

レバレッジが10倍に引き下げられることで考えられる影響は予想以上に大きいものになるかもしれません。

個人投資家のFX離れが加速するものと考えられます。

ドル/円などから仮想通貨に取引対象を移すことが考えられます。

日本の個人投資家は世界のFX市場の約50%を占めています。

そのうちの8割以上がドル/円の売買を行っています。

日本の個人投資家の影響が大きいことが伺えます。

個人投資家が仮想通貨に投資対象を移すことでドル/円の今度の価格推移に大きな影響を及ぼす可能性が高まります。

レバレッジ規制に嫌気が差した個人投資家たちは海外のFX業者に目を向けるかもしれません。

レバレッジ規制がないため未だに1000倍近いレバレッジでトレードが行えます。

トレーダーの資金を守るという理由から始めたレバレッジ規制ですが、海外のFX業者とのレバレッジ差が広がることにより余計に海外に目を向けるトレーダーが増えることでしょう。

仮想通貨の今度の値動きは不透明、レバレッジ規制によるFX離れ。

2018年はFXにとって大きな転換期となることでしょう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!